天王町商店街の東にある橘樹神社は、街中になりながら静かでぬくもりのある神社です。 由緒は古く、文治2年(1186年)に京都祇園社(現在の八坂神社)の分霊を勧請奉祀したと伝えられています。この橘樹神社の旧社名は天王宮といい、現在の天王町の名前の由来となっています。